グッズ

いよいよ今年も来ました!ワンコの換毛期!

換毛期に使うファーミネーター

室内犬は割と一年中抜け毛があるけど 、先月あたりから来ました、換毛期。
暖かくなると、自然と毛が抜けてきて歩いてるだけでも床は毛だらけ、服にもビッシリ着くから、もう大変!
ナイロン製のズボン履いてないと大変なことに
コロコロは必需品で、この時期のコロコロ消費量は抜ける毛に比例する。
ワンコ自身もムズムズするのか、よく体をカキカキ。
体をナメナメすると抜け毛が口に入るから、オエオエ。
この時期は空気が乾燥してるから、毛がふわふわ舞い飛ぶやら、静電気パチパチで手や服にへばりつくから、ブラッシングをついつい避けちゃう。
けれど、今日は雨の中の散歩で毛がいい感じで濡れてる。
まさにブラッシング日和⁉
外で遊べないしね。ちょうどいい。
というわけで、今回は「ワンコの換毛期」についてまとめてみます。

換毛期についてカンタンに説明するね!

ざっくり言うと「人間の衣替え」のようなもの。
ワンコたちは、気候に合わせて体温調節するために毛の量を調整しているらしい。
夏の暑さに備えて春に1回、冬の寒さに備えて秋に1回、年に2回の換毛が一般的なんだけど、室内で飼われていてあまり温度差を感じない場合、換毛のタイミングがメタメタになってしまうワンコもいるらしい。
健康管理から言えば、やっぱり自然のサイクルに合わせて、季節に合った体温調節ができることって大切らしい。なぜなら「毛の量」だけではなく「皮膚」にも関わるから。やはり自然なタイミングで季節感を感じられるように気を使ってあげたいね!
うちのワンコも、子供時代は抜けなかったけど、1歳過ぎたらエンドレスに抜けはじめて…クッションが何個でも作れそう!と毎年思います。
実際に作ってみようと思ったけど、ダニが増えそうでやめました…笑!

ワタシが換毛期に使うファーミネーター

30分もかからず この量です。
けど、まだまだこの量を何回かやらないと、抜け毛は落ち着かないのよね。
ワタシは、楽天市場で買いました。
くわしくは、下記のサイトを眺めてみてね。

https://www.lhouse.jp/furminator/

このライトハウス社のファーミネーターは、短毛種用・長毛種用、そしてペットの体の大きさに合わせて、ワンちゃん用は10種類、ネコちゃん用は4種類という豊富なラインアップをそろえています。
またウサギやフェレットに、小動物用もあります。
ワタシが使っていて、感動したのは、
・力を入れなくても、細かな毛まで無理なく取れるところ!
・刃の耐久性が、抜群なとこ。長く使えるね!
・なによりもワンコが痛がらないこと!

ちょっとお高かったけど、お値段以上の価値はある!
もし、まだ使ってないよー!って方は、ぜひオススメします。

皮膚トラブルに気を配ってあげましょう!

換毛期は体調が変わりやすく、ホルモンバランスを崩しやすい時期。
そのためフケがいつもより多く出ることがあります。
ブラッシングを強く行ったり、何度もおこなうことで皮膚に摩擦が生まれ、皮膚がダメージを受けてフケがでやすくなることもあります。
そして、シャンプーが肌に合わないために皮膚が乾燥し、フケが増えてしまう場合もあります。
ワンコの皮膚の状態や体調変化で、今まで使って問題なかった製品が突然、合わなくなってしまうこともあります。
ワンコの皮膚がデリケートになっている「換毛期」は、特に気を配ってあげましょう。
シャンプーの時は、よく泡立ててから素早く洗い、熱すぎないお湯でしっかりとすすぎ、皮膚が乾燥しすぎないようにすることがポイント。
皮膚トラブルを減らせますよー。

換毛期だと思っていたら、皮膚病ということもあるらしい

もし体の一部が部分的に抜ける場合は、病気が原因かもしれません。10円ハゲのようなピンポイントの脱毛は換毛期の自然な脱毛とは違います。
その場合、脱毛のほかに食欲不振や嘔吐症状、まただるそうにして元気がなかったりしてないかをチェックしましょう。
換毛期で元気がなくなることはまずありませんので、このような症状がある場合はすぐに動物病院に連れていってください。
早めの治療をすることで軽いうちに治すことができます。
換毛期と病気以外で犬の抜け毛が酷い場合、ほかに考えられるのはノミ。
ノミが原因の場合、自然に治癒することはほぼないので、その疑いがあればやはりすぐ動物病院へ。
専門家にノミ取りを行ってもらいましょう。
またアトピー性皮膚炎やアレルギー反応で脱毛する場合もあります。
換毛期のワンコの皮膚ケアは、目配り、気配りにかかっています。
ここは、飼い主さんの、腕の見せどころですね!

まとめ

春と秋、年に2回ある「換毛期」は、ワンコと飼い主さんが二人三脚で乗り切っていきましょうー!
毎日の抜け毛と戦って、すっかり毛が生え変わったころには、普段より濃厚なスキンシップの時間のおかげで、ワンコとの絆が強まっているはず。
ブラッシングやシャンプーのポイントなどを抑えて、次回の換毛期もワンコと一緒に楽しみながら取り組んでくださいね!